無料相談[ローンの連帯保証人]

banner

住宅ローン連帯保証人がいない場合

住宅ローンを組む際の連帯保証人について
住宅ローンを組む際には『連帯保証人』が必要です。
連帯保証人とは、主債務者がやむえず債務の支払いが不可能となった際に、
変わって債務の支払いをしてくれる保証人の事を指します。
少々厳しいシステムとなる連帯保証人でありますので、
その保証人になってくれる人を捜すのは苦労をします。
多くのお方が妻や家族などの身内内で決めてその問題を解決するようですが、
身内のお方や身内との関係性も人それぞれピンキリですので、
必ずしも身内のお方が良い返事をしてくれるとも限りません。
住宅ローンはただでさえ大きな買い物でありますので、
生半可の気持ちで保証人になってくれる人なんていない訳でありますね。
ドラマや映画などでも『連帯保証人になって・・・』という演出もある通り、
多くの人がそのリスクを承知していますからね。
なので、友人や知り合いに頼むのは尚も難しくなってきます。
また、連帯保証人になるためにも収入や年齢、
車のローン、滞納されているローンなども審査されますので、
相手のお方がOKの返事を出しても、
条件が審査に引っ掛ってしまえば不可能となるわけです。

法人が保険会社に依頼

では、連帯保証人になってくれるお方が見つからなければ、
住宅ローンは組めないのでしょうか?
連帯保証人なってくれる自然人がいないのであれば、
法人である保証会社に頼むという手段もあります。
保証会社はあなたの連帯保証人になってくれて、
その契約を可能にしてくれます。
けれど、保証会社を利用する際には、保証料という費用を支払う必要があり、
決して無料ではありません(当然ではありますが)。
保証料がどれくらいになるのかは保証会社によって変わってくると思いますので、
気になるのであればインターネットで調べてみる事をお勧めしますよ。
ただ、悪質な保証会社に引っ掛ってしまうと、
保証料で苦しめられる可能性もありますからね。
ご注意です。
また余談でありますが、連帯保証人というシステムを利用して
『逃げてしまえばいい』と考る人もいるかもしれません。
または、自分の意思とは無関係に病む得ない状況から支払えない場合もあるかもしれません。
その際には、保証会社がその残った債務を支払ってくれるわけではない事を覚えておきましょう。
保証会社がしてくれるのは借金の肩代わりです。
つまり、借金は保証会社に支払わなければなりません。
お忘れなく!

連帯保証人を見つける

連帯保証人を見つけるのは大変
住宅ローンを組む際には『連帯保証人』が必要になりますが、
その連帯保証人を見つけるのは苦労します。
なぜならば、連帯保証人はなってもらう相手の了承だけで解決できるとは限らないからです。
たとえ相手のお方が「僕、連帯保証人になる!
」と訴えても、
条件を満たしていなければローン会社の方からNGが出るからです。
その条件とは年齢・収入・多重債務者・破産宣告をしている場合・・・などです。
連帯保証人は主債務者が債務の返済を不可能とした時に、
支払いを保証しなければならない相手ですから、
債務を支払う能力が無ければ債権者が納得できないのです。
連帯保証人では相手の了承さらには、
その相手が連帯保証人になる条件を持っている必要があるのです。
『連帯保証人になる相手の了承』を安易に考えがちですが、
生半可な覚悟で了承してくれる人は少ないです。
妻を連帯保証人にするケースもありますが、
共働きでなければ不可能という話も聞いた事があります。
親に了承をお願いするケースも存在しますが、
次は年齢の面で引っ掛る可能性もあります。
ただ、ローン会社によって審査基準も異なるらしいので一概に大変だとも言えません。
一度インターネットで色々なローン会社のサイトもしくは、
体験者の声などを調べてみると良いかもしれませんね。

情報収集が必要

また、どうしても連帯保証人が見つからない場合には、
保証会社(保証費を支払う事を条件に連帯保証人になってくれる)に頼んでみるのも良いでしょう。
有料とはいえどうしてもローンを組む必要があるが連帯保証人が見つからない場合には、
良い方法になる筈です。
ここまで『連帯保証人を見つけるのは大変』
『連帯保証人はこういう場合は難しい』という話を軽くしました・・・が、
何事も頭を堅くしてしまったら上手くいくモノもいかなくなるので、
無職や無収入ならまだしも連帯保証人が見つからないという問題ならば、
解決策は色々とあるのかもしれません。
一番はいろんな人の体験談を知る事です。
ブログやサイトなどをご覧になって情報収集を行ってみては如何でしょうか?

Copyright(c) 2014 無料相談[ローンの連帯保証人] All Rights Reserved.